子供と関わる大切な仕事

保育園

専門的な知識を身につける

子供と関わる仕事に就きたい人や、結婚、出産後も役立つ資格を取りたい人にとって、保育士は大変魅力的にな国家資格です。資格を取るためには、独学で勉強して、年に二回実施されている試験に合格するか、短大や大学で必要な単位を取得するかの二つの道があります。保育士として保育園で働くためには、子供の発達や心理など、多岐に渡って専門的な知識を勉強しておく必要があります。そのため、試験では「子供の食と栄養」や「子供の保健」のように、幼児期の子供が成長する時期に知っておくべきことをについて問われます。また、「児童家庭福祉」や「教育原理と社会的養護」など、子供に関する基本的な事項や法律について、難易度が高い分野からも出題されます。このような試験内容を独学で勉強することは大変困難であるため、短大や大学で専門の講師から学び、卒業と同時に資格を取得する人が多く存在します。短大や大学で学ぶ大きなメリットは、保育実習が充実していることであり、実際に保育園の現場を知ることができると学生からも好評を得ています。試験の中にも「保育実習理論」という項目がありますが、実際に保育園で実習を行うのと行わないのとでは、大きな差が生まれます。実際に子供たちと触れ合い、現役保育士の仕事ぶりを見ることで、社会人として働くときに、参考になることを多く学べます。また、実習を行うことで、学生の士気が上がり、「自分も保育士になるんだ」と、将来の夢を明確にイメージすることで勉学にも力が入ります。短大や大学に行くと学費はかかりますが、その分、専門的な講義は、将来の働き方に大きな影響を与えてくれるはずです。専門的な知識を身につけた上で、保育士として子供に関わることは、子供の安全と健やかな成長のために最も必要なことです。

Copyright© 2017 仕事の実態を覗いてみよう【公認会計士を目指すメリット】 All Rights Reserved.